macOS Catalinaにアップデートしてから、NAS(AirMac)に繋がらなくなったときの対処方法

Mac
スポンサーリンク
Nishipy
macOS Catalina(15.0)にアップデートしたら、自宅でNASとして使っていたAirMac Time CapsuleのHDDに繋がらなくなって困ったので、対処方法を書いておきます。
この記事によって被った損害、損失に対して、いかなる場合でも一切の責任を負いません。自己責任でお試しください。

macOS Catalinaの辛み(2020年1月初旬時点)

2019年10月に提供が開始されたmacOS Catalina。iPad用アプリが使えるようになったり、サイドカーによるiPadのセカンドディスプレイ化ができたりと便利な機能が追加されました。

一方で、全バージョンからのアップデートに伴うバグや互換性のない機能もあるようです。そのうちの1つが今回の話題です。

macOS Catalina(15.0)にアップデートしたら、NASに繋がらない

いつも通りMacでFinderを立ち上げ、AirMac Time Capsuleを選択して、その中の共有フォルダを開こうとしたところ、以下のようなメッセージが出てきました。

そして、そのままFinderは閉じてしまいました。何かがおかしいと思い、PCやAirMacを再起動したけど解消されず。。。

macOS 10.15では、SMBプロトコルを使った一部接続が制限

いろいろ調べていると、macOS 10.15では、SMBプロトコルを使った一部の接続が制限されるようになったらしい。SMB1系の接続がどうもだめらしいですね。セキュリティの問題でしょう。

AirMac TimeCapsuleも昨年生産が終了したような古き良き機械であるため、これが原因っぽいなあと思いまして、上記観点で調べてみるといろいろ情報が出てきました。

私の環境では、以下の対策を試した後、PCを再起動したら、無事繋がるようになりました!!!



NetBIOSを有効にする

こちらの記事を参考に、NetBIOSを有効化します。

How to access SMB Printer / Shares in macOS Catalina 10.15
By default, Apple has disabled NetBIOS in MacOS 10.5 to speed up SMB operations like mounting, browsing & connecting to an SMB share. If…

念のため、変更が反映できたことを確認しておきましょう。

そして、最後にPCを再起動してみてください。NASに繋がるはずです。

補足

この対策を行うまでに紆余曲折ありました。以下の記事の方法を試したりしたので、↑のみで直らない場合は参考にしてみてください。

macOS Catalinaのファイル… - Apple コミュニティ
mac野郎なのか: [Catalina] オリジナルの項目が見つからないため、操作を完了できません。
Mac野郎なのかサイトは、Apple社のMac、iPhone、macOS、iOSのノウハウ満載のメディアを目指しています。iPhoneで復元できないをできるにするTipsや、MacでWindows使う・連携する、MacとiPhoneで便利になることを探求できます。

以上.

コメント